福井市歯科医師会

トップページに戻る

  1. 福井市歯科医師会について
  2. 健診事業
  3. 福井市休日急患歯科診療所
  4. 訪問歯科診療
  5. お知らせイベント一覧
  6. 会員歯科医院一覧
  7. お口の情報
  8. リンク

お知らせ・イベント詳細

平成26年度 歯と食育に関する自由研究コンクールが行われました。

日時 平成26年11月6日(木)16時00分
場所 福井県歯科医師会館新館4階会議室     司会 三浦保紀理事

平成19年度より開催しています「歯と食育に関する自由研究コンクール」は本年度で8回目を迎えました。
福井市内及び永平寺町内全小学校58校の5、6年生の児童を対象に、夏休み期間中、「歯と食育に関する自由研究」を募りましたところ、多くの作品が寄せられました。どの作品も自分なりにテーマを明確にして、よく調べ、自分自身の言葉で書こうとする努力が見られました。
11 月6日に表彰式が行われ、福井市教育委員会 保健給食課 丹尾信一課長、 福井市学校保健会事務局 福井市国見小学校 吉田高志校長、永平寺学校保健会事 務局 永平寺町吉野小学校 酒井数子校長 3人の来賓を迎え、テレビと新聞の取材もあり盛り上がりました。また、歯と食育に関する自由研究コンクールの生 みの親である大家 透先生が一月にお亡くなりになったので、今年は大家先生を偲んで特別賞が設けられました。
審査の結果、以下の作品が優秀賞、準優秀賞に選ばれ、講評は学校歯科保健担当理事 松井一訓先生が行いました。

優秀賞  松岡小学校 田中 千華子さんの作品です。
表題 (歯は28本たもとう)
実際に 祖母 祖父の歯を調べ、各々の生活環境を調査し、病気にならない為には、良く噛んで食べることが大切とまとめています。自分の言葉で表現している点が素晴らしく、特に字の大きさ、見やすさが評価された大胆な作品です。

準優秀賞 福井市豊小学校   永田 将啓くんの 作品です。
表題 (歯をみがいているのにむし歯になるのはなぜ?)
(毎日、歯を磨いているのにむし歯がある)、その素朴な疑問から、むし歯の原因を調べ、そこから生まれたさらなる疑問へと発想を膨らませています。
磨くことも大切だが 虫歯と食べ物に深い関係があるとまとめている、特に構成の良さ 文字の丁寧さが評価された作品です。

優秀賞  福井大学 教育地域科学部 附属小学校  小林 萌桃子(こばやし ももこ)さんの作品です
表題 (こばや新聞 サブタイトル(8020運動ってなんのこと?))
8020運動に関して詳細に調べ、歯と健康と長寿には関連があるとまとめている。
新聞づくりを楽しんでいる様子が見られ、特に図 イラストのまとめ方が素晴らしく
完成度高い作品です。

準優秀賞  福井大学 教育地域科学部 附属小学校 森 文香(もり ふみか)さんの作品
表題 (歯の病気予防通信)サブタイトル 正しい歯ぶらしをしていますか
正しく歯を磨く事を様々な観点から詳細に調べ、特に歯磨きの時間については、実際に自分で実験し、長い時間磨く事が大切であるとまとめています。
図 文字等の美しさ、細部における丁寧さが評価された作品です

以下、入賞者の皆様です。おめでとうございました。
5年 
優秀賞  松岡小学  田中 千華子 

準優秀賞 福井市豊小学 永田 将啓 

努力賞  福井市中藤小学校 津田 咲羽 
6年 
優秀賞 福井大学教育地域科学部附属小学校 
小林 萌桃子 
準優秀賞 福井大学教育地域科学部附属小学校
 森 文香  
努力賞 福井市木田小学校 
 塚原 芳文
努力賞  松岡小学校 
 野村 美輝
学校特別賞   松岡小学校

優秀賞、準優秀賞の作品は歯科医師会館1階ロビーに展示してありますので、是非ご覧下さい。
福井市歯科医師会ではコンクールを続けていく所存ですので、ご協力お願いします。