福井市歯科医師会

トップページに戻る

  1. 福井市歯科医師会について
  2. 健診事業
  3. 福井市休日急患歯科診療所
  4. 訪問歯科診療
  5. お知らせイベント一覧
  6. 会員歯科医院一覧
  7. お口の情報
  8. リンク

お知らせ・イベント詳細

平成26年度 歯と食育に関する自由研究コンクール

福井市歯科医師会では、子供たちの食生活を見直す機会となるよう、いい歯の日、11月8日にちなむ自由研究コンクールを実施したいと考えております。

作品テーマ 歯 口腔 食育に関するものなど 自由
主催 一般社団法人 福井市歯科医師会
協賛 福井市学校保健会
後援 福井市教育委員会、永平寺町教育委員会、
永平寺町学校保健会、福井新聞社
応募対象者 応募対象者
 福井市内及び永平寺町内の小学校5,6年生の児童 
応募規定 四つ切画用紙(38㎝×54㎝) 
1枚に限る。1人1枚
文字は、ボールペン、マジック、鉛筆ならば濃い鉛筆等を使用
縦、横どちらでも可。表、グラフ、写真、イラストも可
裏に、学校名、学年、氏名記載(ふりがな)。未発表作品
応募方法 作品は、別紙「作品応募者名簿」を添付の上、下記宛て送付お願いします。 
郵送、もしくは、直接持ち込みを原則とします。
学校単位で応募する場合は、できるだけひとまとめにして送ってください。

提出期限 平成26年9月6日(土)必着
賞 小学5年生の部   優秀賞 1点  準優秀賞 1点 
小学6年生の部   優秀賞 1点  準優秀賞 1点
応募者全員に参加賞をさしあげます。
参加校には歯牙保存液をさしあげます。
表彰 入賞者につきましては、10月中旬までに審査結果を関係各学校に通知します。 
表彰式 平成2 6年1 1月6日(木) 
福井県歯科医師会館にて 福井市大願寺 3-4-1
展 示 展示 優秀賞、準優秀賞作品4点は市役所1階ロビー、永平寺町役場にても展示予定です。(入賞作品は氏名、学年、学校名を記載公表しますのであらかじめ御 了承ください。また、入賞作品の著作権は主催者に帰属し、作品は必要に応じて修正して歯と食育の啓蒙活動に使用されることがあります。
問合せ先 〒910-0001 福井市大願寺3-4-1   ℡ 0776-27-9380 
平日のみ午前10:00〜午後5:00(土・日・祝日は休み)
福井市歯科医師会「歯と食育に関する自由研究コンクール」係
作品の返却 作品は参加賞の商品と共に作品を提出された学校に返却いたします。

なお作品応募者名簿は一番下のファイルからダウンロード出来ます

参考資料
 題材 歯科医は、虫歯の発生を説明する際、カイスの三つの輪という図をよく用います 
さらに時間という因子もいれて四つの輪 
これらの因子が共同して作用し、虫歯ができます。 
よって、このどれかの因子をなくすことが、虫歯の予防法につながります。 
歯質 歯の質の良否 歯を形成する時の栄養状態 特にカルシウムのとりこみ 
フッ素による歯質の強化など 
この歯質、細菌、糖質、時間という因子には具体的に以下の様な事が挙げられると思います。 
歯質 歯の質の良否。歯を形成する時の栄養状態。特にカルシウムのとりこみ。 
フッソによる歯質の強化など。 
細菌 虫歯菌 虫歯菌とは何か、歯垢とは何か、それを退治する歯みがき法は? 
糖質 特に砂糖 甘い物への依存度、摂取回数 
時間 食習慣 食べてすぐ寝てしまわない? カウチポテトしていない? 
子供たちは考えているはずです。 
“どうして虫歯ができるの?” 
“どうしたら虫歯をやっつけることができるの?” 
“どうしたら歯医者さんで痛い治療をせずにすむの?” 
児童に、動機づけ Motivation モチベーション となるような自由研究を望みます。 
よって自由研究のテーマとしては、例として、歯みがきの方法、歯の生え出る順序や時期、 
食品に含まれるカルシウム量、一日に必要なカルシウム量、フッ素でどうして歯が丈夫になるの、ミュータンス菌と歯垢について、各食品に含まれる砂糖の量、一日で歯みがきを 
何分しているか、食事の時何回かんでいるか、等が、挙げられると思います。 
子供たちも、漠然とは歯の大事さ、かむことの大事さを、理解していると思いますが、 
それを具体的に調べてみることは、子供たちへの「食育」の大きな手助けになるのでは 
ないでしょうか

カイスの三つの輪

昨年度優秀作品

昨年度優秀作品

昨年度準優秀作品

優秀賞 地球儀

準優秀賞 こはる+マスキングテープ3個

努力賞  ペンケース+36色色鉛筆

参加賞  蛍光マーカー3色セット

ファイルダウンロード

平成26年度歯と食育に関する自由研究コンクール 作品応募名簿

PDF形式で作成されています。
PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R) Acrobat(R) Reader」または「Adobe(R) Reader」が必要です。
Adobe Readerは、下記の「Get Adobe Reader」のボタンから入手(ダウンロード)できます。
アクロバットリーダー取得